双極性障害 障害基礎年金2級 年間約78万円を受給できたケース

相談者:女性(安城市/30代後半)
傷病名:双極性障害
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 
受給額:年間約78万円
  • 相談者様の状況

インターネットで弊所をお知りになり、お父様が電話でお問い合わせくださいました。子どもの頃から感受性が強く些細なことにも傷ついたり、感情のアップダウンや必要以上に相手に同調し相手の言動に流されてしまうところがありました。高校3年生になったころには学校に通えなくなり、子どもクリニックでカウンセリングを受けておられたそうです。高校を中退後は、精神状態が安定せず、暴言、暴力、気分の浮き沈みが激しく、ご家族では対応できなくなり、入院も何度かされたそうです。

  • 相談から請求までのサポート

ご相談時、ご本人様は入院されており、お父様がご相談に来所されました。娘さんのこれまでのご病気の経緯をお伺いし、大変苦労されていることが分かりました。高校生の時に通った子どもクリニックが閉院されており、初診証明を取ることができませんでしたが、高校の恩師が協力してくださるとのお話でした。第三者証明の書き方についてご説明し、その後も第三者証明についてご相談を受けました。恩師が記憶をたよりに書いてくださいました。診断書ができたとのお知らせがありましたので、その他の証明書類をご用意いただき、ヒアリングをして書類を作成し、年金事務所へ提出しました。

  • 結果

障害基礎年金2級が認定されました。初診日の特定が困難で、どうすれば年金が受給できるか大変不安だったそうです。全て終えて受給ができたため、とてもうれしかったと言っていただけました。

  • ポイント

病院にて初診証明が取れない場合でも、第三者証明により初診を証明する書類として提出することができます。あきらめずに方法を探していきましょう。初回のご相談は無料です。お気軽にご相談ください。

岡崎 社労士 障害年金サポートセンター

受給事例の最新記事

新着情報の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 0120-947-924

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

岡崎・安城障害年金サポートセンターの最新コラム

障害年金 無料診断キャンペーン
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中