統合失調症により障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者:男性(知多郡美浜町/20代後半/無職)
傷病名:統合失調症
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給額:年間約78万円
  • 相談者様の状況

病院ケースワーカーからのご紹介により相談におみえになりました。

中学時代より不登校となり、大学まで入学したが在籍のみの状況が続き、最終的には退学となってしまった。現在も就労は不可能な状態であり、引きこもりが継続している。

  • 相談から請求までのサポート

ご本人とは面会できない状況であり、ご両親からのヒヤリングを開始いたしました。初診の病院もカルテがしっかりと保存されており、協力的ではあったのですが、認定日の前後の数年が受診しておらず、事後重症による申請となりました。

  • 結果

障害基礎年金2級が認定されました。

障害年金の存在を知らずに今まで過ごしてきていたため、今回の受給決定をご家族も非常に喜んでいただきました。

  • ポイント

過去の病院での初診証明を取得する作業、過去の状況をまとめていく作業など、障害年金の申請は実際に大変なことと思います。途中であきらめずに、是非ともお気軽にご相談ください。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 0120-947-924

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

岡崎・安城障害年金相談センターの最新コラム

障害年金 無料診断キャンペーン
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中