アスペルガー症候群 障害基礎年金2級 年間約78万円 受給できたケース

相談者:女性(愛知県/20代前半)
傷病名:アスペルガー症候群
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給額:年間約78万円 
  • 相談者様の状況

20歳になったばかりの娘さんのご相談でお母様よりお電話をいただきました。覚えることは早いのですが、幼少期より人が苦手でした。興味のあることは集中していたそうです。小学校は休みがちであり、中学校では不登校で過ごしました。通信制高校を中退。その後、アルバイトをしていましたが、仕事に集中するあまり、食事や水分補給を怠ってしまったり、身体感覚の鈍麻や切り替えの困難がありました。また人間関係にもトラブルを起こしがちでした。医師からはアスペルガー症候群と診断されているとのことでした。親御さんが将来を心配して相談に見えました。

アスペルガー症候群とは…自閉スペクトラム症のこと。自閉スペクトラム症は多くの遺伝的な要因が複雑に関与して起こる生まれつきの脳機能障害で、人口の1%に及んでいるとも言われています。次のような症状がみられます。①複数の状況で社会的コミュニケーションおよび対人的相互反応における持続的欠陥があること②行動、興味、または活動の限定された反復的な様式が2つ以上あること(情動的、反復的な身体の運動や会話、固執やこだわり、極めて限定され執着する興味、感覚刺激に対する過敏さまたは鈍感さ など)③発達早期から1,2の症状が存在していること④発達に応じた対人関係や学業的・職業的な機能が障害されていること(eヘルスネット 厚生労働省より)

  • 相談から請求までのサポート

初診が20歳前にあるという事で、初診日を証明する書類を準備する必要がありました。病院へ問い合わせて頂き、カルテ等が残っているか聞いていただきました。アルバイトを数年続けているために、障害年金が認められないのではというご不安があられました。実際にアルバイトは夕方から遅くまで、毎日続けることができました。収入は10万円を超えませんでしたが、人間関係に悩みながらも実際に続けられていました。私どもはじっくりとお話を伺う中で、いくつか障害の状態として症状があることに気がつきました。その症状について強調することにより、日常生活のご様子やできないことなどを書き出して、書類を作成して提出しました。

  • 結果

障害基礎年金2級が認定されました。無事に障害年金が受給でき、ご家族ともに喜んでいただけました。

  • ポイント

20歳前に初診があられる方は、申請のタイミングが重要です。お早めに岡崎 社労士・障害年金サポートセンターまでご相談ください。

受給事例の最新記事

新着情報の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 0120-947-924

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

岡崎・安城障害年金サポートセンターの最新コラム

障害年金 無料診断キャンペーン
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中