広汎性発達障害 障害基礎年金2級 年間約78万円受給できたケース

相談者:男性(岡崎市/20代前半)
傷病名:広汎性発達障害
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給額:年間約78万円 
  • 相談者様の状況

以前、ご主人の障害年金受給サポートをさせていただいたことがきっかけで、奥様よりお問合せをいただきました。ご家族の加算の手続で、お子様が障害者であることから20歳まで加算が受けられる手続きをさせていただいたことがありました。そのお子様がもうすぐ20歳になるのでどうしたらいいかとのご相談でした。人間関係を継続して維持することが困難で就労が難しいとのことです。障害のあるお子様で20歳頃に診断書があると、ご本人の名義で障害年金の受給が出来る可能性があります、とご説明させていただきました。

広汎性発達障害(PDD:pervasive developmental disorders)とは…自閉症やアスペルガー症候群、レット障害、小児期崩壊性障害、特定不能の広汎性発達障害をふくむ総称。

  • 相談から請求までのサポート

電話でご予約後、奥様にご来所いただきました。お子様のご様子やご状況を詳しくお伺いいたしました。現在、病院へは行っていますが、数ヶ月に1回行かれているそうです。大人しい性格で、問題行動は少ないとのことでした。幼少期と現在通院している病院が異なることから、初診日を証明する書類と診断書の用紙をお渡ししました。最初の病院は家から遠いので苦労されたようです。電話と郵便対応で書類を受け付けてくれる病院もあるとお伝えしました。その後、初診の証明、および診断書ができたとのご連絡をいただきましたので、必要な証明書類をお伝えしてご持参していただきました。そしてヒアリングをして書類を揃えて年金事務所へ提出いたしました。

  • 結果

障害基礎年金2級が認定されました。ご家族ともに大変喜んでいただけました。

  • ポイント

障害をお持ちのご家族の方のご相談も承っております。お早めにご相談いただけますと、よりスムーズに申請のお手続ができる場合があります。お気軽にお問合せください。

受給事例の最新記事

新着情報の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 0120-947-924

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

岡崎・安城障害年金サポートセンターの最新コラム

障害年金 無料診断キャンペーン
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中