双極性障害 障害基礎年金2級 年間約100万円を受給できたケース

相談者:女性(岡崎市/40代前半)
傷病名:双極性障害
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 
受給額:年間約100万円(子の加算を含む)
  • 相談者様の状況

病院の待合室で知り合いから聞いたと当センターへご連絡くださいました。長年躁うつの症状で悩んでいたそうです。病院で薬を処方され服用していましたが、気持ちの落ち込みが激しく、症状がなかなか良くならないとのこと。やがて家から近くの通いやすい病院に転院して、その病院の待合いで仲良くなった方から障害年金について聞かれたそうです。双極性障害の治療で年月が長くかかっていましたので、自分が受給できるかどうか知りたいとのことでした。日常的には家事ができなくなっており、お子様や周りの方の支援、行政の方の支援などを受けながら、なんとか過ごしていると伺いました。車もなく外出が困難とのことでしたので、当センターから家の近くまで行ってお会いしました。

  • 相談から請求までのサポート

ご本人とご友人と2人でお越しくださいました。ご本人だけですと、もしかしたら内容が理解できないかもしれないとのご心配があったようです。このようにご友人など周囲の方の支援があると、当センターとしても聴き取りやご説明がしやすい場合が多くあります。通院している様子もご友人からお伺いすることで、ご本人の普段のご様子がさらによくわかりました。病院を途中で変えていましたので、最初の病院の受診歴がわからないとのことでした。納付要件等の確認が必要ですが、それに問題がなければ障害年金の受給の可能性があるとご説明しました。その後、ご本人の日常生活やご家族、通院の様子などを詳しくお伺いしました。初診日の確認の必要性をお伝えし、必要な書類をお渡しして初回の面談が終わりました。その後、ご本人から診断書の依頼の方法など確認の電話が何度かあり、その都度サポートさせていただきました。初診日が国民年金加入時でしたので、基礎年金での手続きとなりました。診断書を病院で受け取っていただき、そしてその他の証明書類をご用意いただき、再び当センターより出張でヒアリングをして書類を作成し、年金事務所へ提出しました。

  • 結果

障害基礎年金2級が認定されました。どうすれば年金が受給できるか全くわからないところからのスタートで不安でしたが、全て終えて受給ができたことでとてもうれしかったと言っていただけました。

  • ポイント

お車など移動の手段がなく、センターにお越しいただけない方のご相談も承っております。初回のご相談は無料です。

受給事例の最新記事

新着情報の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 0120-947-924

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

岡崎・安城障害年金サポートセンターの最新コラム

障害年金 無料診断キャンペーン
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中