精神延滞(知的障害) 障害基礎年金2級 年間約78万円 受給できたケース

相談者:女性(岡崎市/20代前半)
傷病名:精神延滞(知的障害)
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給額:年間約78万円
  • 相談者様の状況

養育手帳交付の手続きの際、20歳になったら障害年金の申請ができると聞いたとのことで、娘さんが20歳になったところで、当センターへご連絡いただきました。高等専修学校を卒業後、大手企業の特例子会社に勤めることができ、現在も通っているそうです。月給も頂いていますので、障害年金の受給ができるのかどうか知りたいとのご相談でした。お話を伺いますと、毎日、事業所まで通うことができており、ジョブサポーターなど専門の方にサポートを常にしていただきながら仕事をしているそうです。お母様のお話では日常生活は一人ではできず、家族や周囲の援助が必要とのことでした。

  • 相談から請求までのサポート

お母様にお越しいただきました。障害の状態と就労状況をお伺いいたしました。現在、家ではご家族の支援が不可欠とのこと。職場では周囲の方との意思疎通も難しく、なんとか就労を継続できていますが、人と話すことが大変苦手で緊張されるとのこと。入社して半年くらい経ったころから胃痛を感じるようになり、職場のストレスチェックで、強いストレスと判定され、産業医の面談等も行っていました。ご本人の障害の状態について確認できましたので、障害年金制度について基礎的なところからご説明しました。初診日や、最初に受診された病院などをお伺いして、必要になる診断書の用紙をお渡ししました。しばらくして診断書ができたとのご連絡をいただきましたので、診断書を当センターにお持ちいただき、申立書を作成するためのヒアリングをしました。証明書類をご用意いただき、提出書類を揃えて年金事務所へ申請しました。

  • 結果

障害基礎年金2級が認定されました。ご家族ともに喜んでいただけました。今後も仕事は継続していきますが、障害年金を受給できて安心できると言っていただけました。

  • ポイント

仕事に就いている障害者の方でも、支援を受けて就労されている方などは障害年金を受給することができます。障害者の方のサポートをされている方々のご支援によるところも大きいと思いました。ご相談は無料です。ぜひお気軽にお問合せください。岡崎 社労士 障害年金サポートセンター

受給事例の最新記事

新着情報の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 0120-947-924

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

岡崎・安城障害年金サポートセンターの最新コラム

障害年金 無料診断キャンペーン
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中