広汎性発達障害 障害基礎年金2級 年間約78万円 遡及して325万円 受給できたケース

相談者:男性(愛知県/20代前半)
傷病名:広汎性発達障害・注意欠陥多動性障害
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給額:年間約78万円 遡及金額約325万円
  • 相談者様の状況

20歳を少し過ぎた息子さんのご相談でお母様よりお電話をいただきました。小学校低学年の時に学習障害の傾向を指摘されたものの、グレーゾーンとの診断でした。中学2年生で受けた検査で、学習障害と診断されたそうです。工業高校に進学されましたが、数か月で中退し、その後通信制高校を卒業され、更に専門学校へも進学されたそうです。しかし途中で通えなくなったため、そこで障害者手帳を取得し障害者枠で就職されました。しかし長くは続かず退職されてしまったそうです。親御さんが将来を心配して相談に見えました。

広汎性発達障害とは… 自閉症やアスペルガー症候群、その他の自閉症性疾患の総称です。 その中で知的障害を伴わないものを高機能広汎性発達障害といいます。 自閉症には、知的障害と言語の発達の遅れがある典型的な自閉症と、知的障害はないが言語の発達の遅れが見られる高機能自閉症があります。

  • 相談から請求までのサポート

お母様が市役所に障害年金についてご相談に行かれたそうですが、内容を詳しく聞いて不安になったそうです。初診が小学生の時にあるという事で、初診日を証明する書類を準備する必要がありました。病院へ問い合わせて頂き、カルテ等が残っているか聞いていただきました。現在就労支援A型事業所で就労されており、収入があることも心配されておられました。私どもはじっくりとお話を伺う中で、いくつか障害の状態として症状があることに気がつきました。その症状について強調することにより、日常生活のご様子やできないことなどを書き出して、書類を作成して提出しました。

  • 結果

障害基礎年金2級が認定されました。無事に障害年金が決定され、遡って20歳から受給できたためご家族ともに喜んでいただけました。

  • ポイント

20歳前に初診があられる方は、申請のタイミングが重要です。お早めに岡崎 社労士・障害年金サポートセンターまでご相談ください。

受給事例の最新記事

新着情報の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 0120-947-924

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

岡崎・安城障害年金サポートセンターの最新コラム

障害年金 無料診断キャンペーン
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中