統合失調症 障害基礎年金2級 年間約78万円 遡及して約416万円受給できたケース

相談者:男性(安城市/40代前半)
傷病名:統合失調症
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給額:年間約78万円 遡及して約416万円
  • 相談者様の状況

ホームページを見てお問い合わせをいただきました。ある時、突然東京に出かけて警察に駆け込み奇怪な発言をしたとのこと。家族が迎えに行き帰ってから病院を受診しました。即入院となりましたが、本人の強い希望で退院。その後も行動がおかしくなり、入退院を繰り返したそうです。障害者手帳の申請をして、その頃から障害年金受給ができるのではと家族で話していたそうです。障害者手帳は傷病発生から6ヵ月以上の受診で申請が可能となりますが、障害年金は1年6カ月待たないといけないとソーシャルワーカーさんから聞いたとのことでした。

  • 相談から請求までのサポート

ご予約いただき来所していただきました。統合失調症の症状をお伺いすると、波があって症状が強く出る時と、出ない時があるとのこと。服薬管理が必要なのだが、あまりうまくできないそうです。デイケアなどを利用して、専門家に頼りながら日常生活を送っているとのことでした。初診日の確認や病歴の確認をした後、障害年金の制度についてご説明し、必要な手続きを順を追って紙に書いてお伝えしました。診断書の用紙をお渡しして、病院へ作成の依頼をしていただきました。しばらくして、診断書ができたとのお知らせをいただきましたので、証明書類をお伝えしてお持ちいただきました。ヒアリングをして書類を作成して年金事務所に提出しました。

  • 結果

障害基礎年金2級が認定されました。病院のソーシャルワーカーさんのご協力もあり、スピーディーに手続きができました。

  • ポイント

病院からの情報でお問い合わせをいただく方も多くいらっしゃいます。早く受給につながる可能性が高まります。初回のご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。

新着情報の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 0120-947-924

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

岡崎・安城障害年金サポートセンターの最新コラム

障害年金 無料診断キャンペーン
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中