若年性パーキンソン病で障害者手帳はあるが年金を受給していない方 (その10)

TAKA労務管理事務所の新人のヒロです。

前回の記事をご覧になっていない方はこちら↓

若年性パーキンソン病で障害者手帳はあるが年金を受給していない方 (その9)

(続き)

通院中の病院から現在の状態を証明する診断書を受け取りました。

女性は一度は入院を勧められる程、深刻な状態だったのですが、

診断書は治療は良好であり身体症状は軽いという内容でした。

未記入の欄がいくつかあり、年金事務所に提出しても差戻される可能性があります。

女性の精神症状もかなり重いことから再び診断書の依頼をお願いしました。

その際、日常生活で困っていることを医師に良く伝えて下さいとお話しました。

診断書について詳しくはコチラ →障害年金に必要な書類について

(この投稿はご本人の了解を得て、内容を編集しております。)

新着情報の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 0120-947-924

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

岡崎・安城障害年金相談センターの最新コラム

障害年金 無料診断キャンペーン
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中