若年性パーキンソン病で障害者手帳はあるが年金を受給していない方 (その8)

TAKA労務管理事務所の新人のヒロです。

前回の記事をご覧になっていない方はこちら↓

若年性パーキンソン病で障害者手帳はあるが年金を受給していない方 (その7)

(続き)申請要件の1つである、初診を証明する書類は個人病院に依頼しました。

パーキンソンの症状が出始めた頃、女性は仕事に就いていました。

糖尿病の診断を受けて通院していたところ、

数か月して手が震える(ジスキネジア)症状が出始めました。

担当の先生もパーキンソン病の可能性を考えつつも、

年齢が若い事、そして糖尿病の薬の副作用の可能性もあることから、

薬を変更するなどしばらく様子をみたそうです。

初診日について詳しくはコチラ →初診日について

(この投稿はご本人の了解を得て、内容を編集しております。)

新着情報の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 0120-947-924

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

岡崎・安城障害年金相談センターの最新コラム

障害年金 無料診断キャンペーン
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中