アルツハイマー型認知症により障害基礎年金1級を取得、年間約97万円を受給できたケース

相談者:女性(岡崎市50代後半/無職)
傷病名:アルツハイマー型認知症
決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級
受給額:年間約97万円
  • 相談者様の状況

知人の紹介でご相談にみえました。7年前頃よりいろいろなことを忘れることや思い込むことが多くなり、徐々に金銭管も理出来なくなってきたようです。道を忘れて帰れなくなり、警察に保護されることも度々会ったとのことでした。

  • 相談から請求までのサポート

病院は大きな総合病院に通院していましたので、初診証明は容易に入手できましたが、認定日の診断書では、担当医との見解の相違もあり、十分なものが得られませんでした。ご家族の希望もあり、事後重症での申請に切り替えました。現在の病院については医師やケースワーカーとの関係性も築けており、納得のいく診断書を入手することが出来ました。

  • 結果

障害基礎年金1級が認定されました。ご家族の皆様にも本当に喜んでいただくことができました。

  • ポイント

日常生活の状態が伝えきれていないためや、知らないから受給できないというのは、本来あってはならないことだと思います。

是非とも専門家にご相談頂きたいと思います。

 

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 0120-947-924

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

岡崎・安城障害年金相談センターの最新コラム

障害年金 無料診断キャンペーン
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中