心室頻拍(ICD装着)により障害基礎年金3級を取得、年間約86万円を受給できたケース

相談者:男性(安城市/50代後半/会社員)
傷病名:心室頻拍(ICD装着)
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
受給額:年間約86万円
  • 相談者様の状況

ホームページをみてご相談をいただきました。通院している病院の患者様から話を聞いて電話をされたそうです。20年以上前の会社の健康診断で心臓病を指摘され、病院に通院いたしました。その後病状が悪化した後にICDを植え込むこととなりましたが、その後もハードな業務をこなしてきたとのことでした。

  • 相談から請求までのサポート

20数年前の初診とのことでありましたが、なんとか証明を取得することができました。また当時の健康診断の結果や、通院記録などを保存されていたため、それを元にしっかりとヒヤリングをさせていただくことができました。

  • 結果

障害厚生年金3級が認定されました。

障害年金の存在を知らずに今まで過ごしてきており、本当に喜んでいただくことができました。

  • ポイント

知らないから受給できないというのは、本来あってはならないことだと思います。

是非とも専門家にご相談頂きたいと思います。

 

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 0120-947-924

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

岡崎・安城障害年金相談センターの最新コラム

障害年金 無料診断キャンペーン
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中