左上下肢不全麻痺により障害基礎年金3級を取得、年間約58万円を受給できたケース

相談者:男性(犬山市/50代/無職)
傷病名:左上下肢不全麻痺
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
受給額:年間約58万円
  • 相談者様の状況

34年前の交通事故による後遺症が現在も多く残っており、ホームページを見てご連絡いただきました。ファミリーレストランでの待ち合わせにも、首へのコルセットや杖を使っての状態であり、事故当時からのヒヤリングをさせていただきました。

  • 相談から請求までのサポート

交通事故により救急搬送された病院は現在閉院しており、初診の証明が出来ない状態でしたが、当時のオペ担当医師が判明し、その医師がご本人様のことを非常に記憶されており、第三者証明をご提出いただきました。

事後重症による申請にて診断書を取得し、申請に向けて準備を致しました。ご本人様の協力もあり、早い段階で申請することができました。

  • 結果

障害厚生年金3級が認定されました。障害年金の存在を知らずに今まで過ごしてきており、ご本人はもちろんのこと、ご家族も本当に喜んでいただくことができました。

  • ポイント

初診証明が取得できない状況は困難ではありますが、あきらめてしまってはそこで終わってしまいます。その前に専門家へのご相談をしてみてはいかがでしょうか?是非ともお気軽にご相談ください。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 0120-947-924

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

岡崎・安城障害年金相談センターの最新コラム

障害年金 無料診断キャンペーン
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中