完全房室ブロックによるペースメーカー移植により障害厚生年金3級を取得し、年間約125万円を受給できたケース

相談者:男性(安城市/50代/営業職)
傷病名:完全房室ブロック
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
受給額:年間約125万円
  • 相談者様の状況

半年前にペースメーカーの移植手術を受け、数ヶ月後には職場に復帰することができています。しかしながら、業務については十分に配慮されており、以前と同様の働き方はできていない状況でした。

  • 相談から請求までのサポート

障害年金の存在を全く知らない状況ではありました。偶然にも友人から障害年金の存在を聞きインターネット等で調べた結果、当方のホームページを見てご連絡を頂くこととなりました。初診の病院については、ご自分で証明を取得いただきましたが、認定日の診断書については、当方で病院の相談員に直接ご依頼いたしました。

  • 結果

障害厚生年金3級が認定されました。本当に喜んでいただきました。

  • ポイント

障害年金の存在を知らずに受給できていない方も多くいらっしゃいます。
存在を知って、権利があれば、スムーズな申請にしたいものです。是非ともお気軽にご相談ください。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 0120-947-924

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

岡崎・安城障害年金相談センターの最新コラム

障害年金 無料診断キャンペーン
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中